2010年03月27日

ヒトへ侵入優先か、抗体防御か=新型インフルと季節性の違い解明−米チーム(時事通信)

 新型インフルエンザや1918年に大流行したスペインかぜを、同じタイプの季節性インフルエンザと比べると、ウイルスの表面にあってヒト細胞への侵入に使うスパイク状のたんぱく質「ヘマグルチニン」の頭部2カ所に大きな違いがあることが分かった。新型などには糖鎖の「カバー」がなく、侵入しやすさを優先しているのに対し、季節性ウイルスは少なくとも1カ所にカバーを付けることで、ヒトの免疫抗体に邪魔されないよう、防御していた。
 米国立衛生研究所(NIH)と疾病対策センター(CDC)の研究チームが26日までに、米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシン電子版に発表した。今後、このカバー部分を狙えば、ワクチンを効率良く開発できる可能性があるという。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化
「新型インフル対策は成功」=政府諮問委員長が会見で総括
総額は6954億円=3月特別交付税を閣議報告

こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け−消費者庁(時事通信)
<公取委>山梨の30社に立ち入り…県発注工事で談合の疑い(毎日新聞)
宇治茶 大規模茶園が京都府に完成 大型機械で率化図る(毎日新聞)
愛知学院大・法科大学院「不適合」認定(読売新聞)
<地震>和歌山県で震度3=午後1時20分(毎日新聞)
posted by タドコロ ノブコ at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

前田日明氏、国民新党から出馬も…外国人参政権反対で一致(スポーツ報知)

 今夏の参院選比例代表で民主党の公認候補に内定しながら出馬を辞退した元格闘家の前田日明氏(51)が、今度は国民新党からの出馬を検討していることが25日、分かった。前田氏はこの日、都内で同党代表の亀井静香金融・郵政改革相(73)と会談。関係者によると、政策面で共鳴し、同党から東京選挙区(改選5)での出馬で調整しているという。前田氏は、4月3日に都内で行われる格闘技イベント「アウトサイダー」で自身の決断を発表する見込みだ。

 前田氏はこの日、関係者を通じて亀井氏と電撃会談した。鳩山内閣が進める永住外国人への地方参政権付与法案について反対の立場を取る両者は、政策面で一致。前田氏はその際に同党からの出馬を勧められたという。前田氏と親交がある出版プロデューサーの高須基仁氏によると、前田氏は亀井氏の申し出に感動した様子だったという。

 前田氏をめぐっては昨年12月末、民主党が公認候補者の1人として内定したことを発表。本人も意欲十分だったが、今月3日の第1次公認発表では、内定者11人中1人だけ公認されなかった。

 23日に映画「太陽と月と」の試写会イベントに出席した前田氏は、2月下旬に出馬辞退を小沢一郎民主党幹事長に申し入れたことを明らかにした。辞退の理由として、外国人参政権問題へのスタンスの違いに加え、内定当初に約束されていた選挙活動時の党からの資金援助を取りやめられたことなどをあげた。

 民主党と決別する一方で、立候補への模索は続いていた。試写会イベントで同席した新党大地の鈴木宗男代表(62)とは、1時間あまり会談。そして、この日は亀井氏と、矢継ぎ早に行動を起こした。

 改選5の東京選挙区に、民主党は現職の蓮舫氏(42)を含め3人を擁立することが濃厚。だが、3人目が難航しているという。関係者によると、前田氏擁立は亀井氏による民主党けん制の狙いもあるという。さらに首都・東京というインパクト、また選挙資金面でも比例代表よりも負担の少ない点も考慮された可能性が高い。
4・3大会のリングで結論 前田氏は4月3日に東京・ディファ有明で行われる格闘技イベント「アウトサイダー」までに結論を出し、当日はリング上で自身の考えを発表する見込みだ。国民新党からは、全日本プロレスの西村修氏(38)が比例代表候補として出馬することが決定済み。もし前田氏と同時出馬となれば、まさに異色のタッグ結成となる。

 【関連記事】
出馬辞退の前田日明氏、会場なく会見中止
前田日明氏が朝青引退に“新説” 石井氏が関与!?
武藤社長も全面バックアップ!西村修、参院選出馬正式表明
吉田1年後に柔道指導者OK…プロ格からの転向短縮
比例代表 民主党 前田日明 を調べる

<日弁連>「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言(毎日新聞)
中田氏、“邦夫の乱”に冷ややか視線(産経新聞)
<雑記帳>「可愛い」…ペンギンが氷上散歩(毎日新聞)
会員制セレクト・ショッピングサイト「ブランディシモ」は、3月17日(水)正午より、MISS SIXTY(ミスシックスティ)のイベントセールを開催
東京で桜が開花 平年より6日早く(産経新聞)
posted by タドコロ ノブコ at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

「円天」詐欺事件、L&G元会長に懲役18年 東京地裁判決(産経新聞)

 疑似通貨「円天」を使った健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー」(L&G)の巨額詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われた同社元会長、波和(かず)二(つぎ)被告(76)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。山口裕之裁判長は求刑通り懲役18年を言い渡した。

 検察側は「波被告は経営方針や資金集めのシステムを自ら考案した。3万7千人から1285億円を集めた他に類を見ない空前の大規模詐欺で、自身も巨額の利得を得ていた」と指摘していた。

 弁護側は「事業は結果的に失敗しただけで、会員をだますつもりはなかった」と無罪を主張。波被告も「『円天』制度が世界各国で採用されれば詐欺でなかったと証明される」と潔白を訴えていた。

 起訴状によると、波被告は平成18年7月〜19年1月、収益がなかったのに「年36%の利息と元本保証を約束する」など虚偽の説明をし、31人から計約3億2700万円を詐取したとされる。

 事件をめぐっては、波被告のほか、元幹部21人が起訴され、1審東京地裁はいずれも波被告との共謀を認め、有罪判決を言い渡していた。うち15人が控訴した。

【関連記事】
悪質ファンド対応でチーム結成 警察と金融庁、証券取引監視委
波被告に懲役18年求刑 L&G「円天」巨額詐欺
円天&組長コンペの細川たかしは「派手なこと自粛」
L&G元幹部らに有罪判決 波元会長との共謀認める
L&G巨額詐欺事件 「だましてはいない」と否認 元会長の波被告

「元の木阿弥」の政権交代 「利益誘導」型へ逆戻り(産経新聞)
<証拠隠滅教唆>証拠品の刃短く、警部補を懲戒処分 警視庁(毎日新聞)
<郵便事業会社>郵便の不正転送防げ 「AKB48」被害受け、確認書送りチェック(毎日新聞)
北教組事件 党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
「勢力誇示したかった…」 初日の出暴走などで暴走族の少年7人逮捕 警視庁(産経新聞)
posted by タドコロ ノブコ at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。