2010年01月23日

<小沢幹事長>4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、23日に行われる小沢氏への事情聴取では、多くの謎がどこまで解明されるかに注目が集まる。問題の土地は04年10月、小沢氏の手持ち資金4億円で購入されながら政治資金収支報告書に記載されず、その直後に別の4億円で定期預金が組まれ、それを担保に小沢氏名義で金融機関から融資を受け、これが小沢氏からの借入金として報告書に記載されるなど、複雑な会計処理が行われている。

 ◇検察側の注目点

 検察側が最も注目するのは4億円の原資だ。陸山会の当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕=の弁護士は「亡父の小沢佐重喜(さえき)元建設相の相続遺産で、小沢氏や妻名義で信託銀行に預け、約10年前に銀行から引き出して保管していた」と説明した。

 これに対し特捜部が信託銀行の口座を調べたところ、98年ごろに約3億円引き出されていたものの、約1億円不足することが分かった。土地購入の時期に、中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部らが「胆沢(いさわ)ダムの下請け工事受注の謝礼として石川議員に5000万円渡した」と供述していることから、特捜部はこれらが土地購入に充てられた疑いがあるとの見方を強めている。

 小沢氏は23日の事情聴取で、98年ごろに引き出した3億円のほか01年ごろ同じ口座から引き出した約5000万円、亡父の土地を処分して現在の東京都世田谷区の自宅を建てた際の税引き後残金2億数千万円、出版物の印税約9000万円や歳費などを合わせ、土地購入までに約7億円の総収入があり、支出分を差し引いても4億数千万円の手持ち資金があったと説明する模様だ。

 ◇会計処理

 土地購入に際しては陸山会や関係政治団体から4億円を集めることは可能だったが、購入後に運転資金が空になることから、石川議員らが小沢氏に4億円提供を相談したとされる。このため小沢氏側は当時、陸山会に計8億円の資金が集まり、ここから土地代を払うとともに、残額の4億円で定期預金を組み、これを担保に同額の融資を受けたと説明。定期と融資については事情聴取で「ローンと同じで、陸山会では過去にも不動産購入時に同様の手法をとっていた」などと主張する模様だ。

 石川議員が「小沢先生が大きな金を持っていることが分かるのはよくないと思った」などとして小沢氏からの4億円を収支報告書に故意に記載しなかった点については、関与や認識を否定するとみられる。

【関連ニュース】
小沢幹事長:「お騒がせしている…」パーティーで笑い誘う
小沢幹事長:「近々中に理解得られる状況作る」
小沢幹事長:世界の注目指導者3位に 鳩山首相はランク外
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ
小沢氏聴取要請:首相「必要に応じ自身で判断を」

雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設(産経新聞)
「借りたカネは返すな!」著者 脱税指南容疑で逮捕(産経新聞)
<ハイチ大地震>日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)
裁判員「言い分違い大変」=3被告審理、懲役7〜8年−横浜地裁(時事通信)
<三木市長選>薮本吉秀氏が再選(毎日新聞)
posted by タドコロ ノブコ at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<空海>唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)

 真言宗の開祖で知られる平安時代の弘法大師空海(774〜835年)が中国・唐から持ち帰ったとされ、その後行方不明だった文献「三教不齋(さんごうふさい)論」の江戸時代末期の写本が、東京都立図書館所蔵の諸橋轍次(もろはし・てつじ)文庫にあるのを、藤井淳・高野山大学密教文化研究所委託研究員が確認した。空海が初期の著作「三教指帰(さんごうしいき)」で、仏教の重要性を説いた持論を裏付けたものとみられており、空海の研究に重要な発見となりそうだ。

 空海は「三教指帰」を24歳の時に著し、儒教、道教、仏教を比較した中で仏教が最高とする主張を展開した。空海は804年に唐に渡り、806年に帰国。その際空海が持ち帰った膨大な文献などの目録で朝廷に提出した「請来目録」が残っており、「三教不齋論」もその中に記されていたが、現物が残っていないためこれまで内容はまったく分からなかった。

 空海の思想を研究する藤井研究員は、儒教、道教、仏教の比較研究のための調査の過程で、諸橋轍次文庫にあるのを見つけた。縦25センチ、横16センチ、25ページで、文久元(1861)年に僧の良応が筆写したと書かれていた。内容も当時の唐の官僚が書いた比較思想論と判明。仏教は悟りを根本から求める点で優れているとしており、「三教指帰」と同様、仏教が最高の教えと結論づけていた。

 藤井研究員は「三教指帰で説いた『仏教が最高』という考えが、唐にもあったのを知った空海が、我が意を得たりと喜んで持ち帰ったのではないか」と話している。25日に高野山大学(和歌山県高野町)で開かれる研究会で発表する。【田原由紀雄、大森顕浩】

村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」(J-CASTニュース)
レーザー光で顔の染み抜きは医療行為 エステ店経営者ら逮捕(産経新聞)
<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
新型インフルワクチンを65歳以上への接種開始(産経新聞)
<将棋>久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
posted by タドコロ ノブコ at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建設業者の妻刺され死亡=出頭の46歳男逮捕−静岡県警(時事通信)

 15日午後10時5分ごろ、静岡県富士市厚原、建設業渡辺章弘さん(32)の家族から、「嫁が血を流して倒れている」と110番があった。妻久美さん(32)が寝室で胸を刺され倒れており、病院に運ばれたが死亡した。県警富士署は16日、直後に出頭した同市鈴川町、無職稲毛勝則容疑者(46)を殺人などの疑いで逮捕した。
 同署によると、「刺したのはおれだ」と話しているという。稲毛容疑者は以前、渡辺さんの会社に約1週間勤めたことがあるが、「辞めさせられた」と話しているという。同署は渡辺さんとの間にトラブルがあったとみている。
 逮捕容疑は15日午後10時ごろ、渡辺さん宅で久美さんの胸を包丁で切りつけ、殺害するなどした疑い。 

【関連ニュース】
山形県出身女性殺害で男逮捕=中国人に容疑
男女、5回目の逮捕=不審死、窃盗事件後立件へ
母親殺害、遺体を焼肉店冷凍庫に=「トラブルあった」、長男逮捕
元同僚を刺殺、160万円奪う=タクシー運転手を逮捕
ATM男、3度目の逮捕=女性宅侵入、現金とカード奪う

小沢幹事長、無言で町村会館を出る(産経新聞)
<足利事件再審>菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)
外国人医療・介護従事者の受け入れ推進を―法相懇談会(医療介護CBニュース)
新素材 98%水…医療などで利用期待 東大チームが開発(毎日新聞)
<火災>ビルの1室焼け、1人暮らしの70歳死亡 東京(毎日新聞)
posted by タドコロ ノブコ at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。